IT導入補助金2022申請支援


IT導入補助金2022申請支援について





IT導入補助金とは・・・



中小企業・小規模事業者のIT導入による業務効率化を応援します!

経済産業省による補助金制度で、中小企業・小規模事業者などが業務効率化・売上アップを目的にITツール(PCなどのハードウェアやソフトウェア)を導入する際の費用の一部を補助する補助金です

例えば・・・・
①クラウドツールの利用料が最大2年まで補助対象 ※上限額有り
②50万までの費用であれば補助率3/4となり、50万を超える場合は補助率2/3となります。




IT導入補助金2022のポイント



「通常枠」に加え、新たに「デジタル化基盤導入類型」が追加されました!
※「通常枠」と「デジタル化基盤導入類型」の両方に申請することも可能です。


▼▼ デジタル化基盤導入類型の3つの特長 ▼▼

1. 補助対象を特化し、補助率が高い!

会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトに補助対象を特化しています。
また、今まではソフトウェア費導入関連費等の補助率は1/2でしたが、補助額50万円以下であれば3/4、
補助額 51~350万円であれば2/3まで補助率が引き上げられます。

2. ハードウエアも補助対象!

これまで補助対象外だったPCやタブレット等のハードウエアが補助対象になります。
PCやタブレットは、補助上限額10万円、補助率1/2で支援されます。

3. クラウド利用料 最大2年分を補助!

これまでは最大1年分補助でしたが、最大2年分補助になります。




補助対象ついて



通常枠

種類 A類型 B類型
補助額 30万~150万円未満 30万~150万円未満
補助率 1/2以内
プロセス数※ 1以上 4以上
ITツール要件
(目的)
類型ごとのプロセス要件を満たすものであり、労働生産性の向上に資する ITツールであること
賃上げ目標 加点 必須
補助対象 ソフトウエア費・クラウド利用料(最大1年分補助)・導入関連費等

※「プロセス」とは、業務工程や業務種別を指す。


デジタル化基盤導入類型

種類 デジタル化基盤導入類型
補助額 ITツール
5万円~350万円
内、5万円~50万円以下部分
内、50万円超~50万円以下部分
機能要件※ 会計・受発注・決裁・ECのうち1機能以上 会計・受発注・決裁・ECのうち2機能以上
補助率 3/4以内 2/3以内
対象ソフトウェア 会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフト
賃上げ目標 なし
補助対象 ソフトウエア費・クラウド利用料(最大2年分補助)・導入関連費等

※該当する機能の詳細はItツール登録要領を参照

ハードウェア購入費
PC・タブレット・プリンター・スキャナー及びそれらの複合機器
→補助率1/2以内、補助上限額10万円
レジ・券売機等
→補助率1/2以内、補助上限額20万円


補助金申請から補助金入金までの流れ



補助金申請から入金までの流れの詳細はこちらをご確認ください。




お申込・お問い合わせ



ご質問、ご不明点のお問い合わせはこちらの「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。



Top