不動産簡易帳簿


Information


新規オーナー登録

基本設定画面にて、必要な項目を入力するだけです。
個人の不動産所得者向けとなります。
【基本設定-画面サンプルを見る】

賃貸物件・賃貸契約登録

台帳入力画面では、該当する月分をクリックし、日付と金額を入力するだけです。
月々の入力に必要な項目が登録できます。
【不動産収入の内訳(詳細)-画面サンプルを見る】

  

家賃・地代入力台帳

台帳入力画面では、該当する月分をクリックし、日付と金額を入力するだけです。
複数月分をまとめて入力できる便利なコピー機能もあります。
また日付・金額だけでなく契約のコピーもできます。
【不動産収入の内訳(詳細)-画面サンプルを見る】

必要経費の入力

科目ボタンを選択し日付・金額を入力します。各科目の合計金額も画面上で常に集計・確認できます。
同じような取引は行コピーも行えます。
【必要経費の入力-画面サンプルを見る】

減価償却資産登録

減価償却の計算は、資産の種類や償却する年数等によって償却額が異なります。
そこで、「不動産簡易帳簿」では各資産の情報を登録することによって減価償却費の計算をはじめ
資産の一覧表や、確定申告時の決算書のための資料を作成することができます。
【減価償却資産登録-画面サンプルを見る】

決算修正・決算処理

決算修正」メニューで決算修正額を入力するだけで面倒な仕訳は必要ありません。
あとは「決算書」を印刷するだけです。
【損益計算書-画面サンプルを見る】

決算書添付書類の作成

決算書に必要な「収入の内訳書」が自動で作成されます。

出力帳票

 不動産収入台帳 【帳票サンプルを見る】
 雑収入 【帳票サンプルを見る】
 経費帳(科目別) 【帳票サンプルを見る】
 経費帳(月別) 【帳票サンプルを見る】
 現金出納帳 【帳票サンプルを見る】
 預金出納帳 【帳票サンプルを見る】
 決算修正 【帳票サンプルを見る】


決算書

 減価償却の計算 【帳票サンプルを見る】
 不動産所得の収入の内訳 【帳票サンプルを見る】
 決算書(1) 【帳票サンプルを見る】
 決算書(2) 【帳票サンプルを見る】
 決算書(3) 【帳票サンプルを見る】

動作環境

 日本語OS Microsoft® Windows® 10 / 8.1 / 8 / 7
 CPU PentiumⅢ以上推奨
 メモリ 上記日本語OSが推奨するメモリ
 ハードディスク 必須空き容量 100MB以上
 ● データ領域は別途必要
 ディスプレイ 解像度:1024×768、1280×1024
 プリンタ 上記日本語OSに対応したプリンタ
 マウス
 キーボード
 上記日本語OSで使用可能なマウス/キーボード
 日本語変換 システム上記日本語OSに対応した日本語入力システム


価格

 本体価格  不動産簡易帳簿(本体) ¥12,000(税抜)


日本語OSについて

・Windows 10 と表記されているものは、Windows 10 Home / Pro / Enterpriseの略称です。
・Windows 8.1 と表記されているものは、Windows 8.1 / Pro / Enterpriseの略称です。(Windows RTは含みません)
・Windows 8 と表記されているものは、Windows 8 / Pro / Enterpriseの略称です。(Windows RTは含みません)
・Windows 7と表記されているものは、Windows 7 Ultimate / Enterprise / Professional / HomePremium /
Starter(SP1含む)の略称です。

64ビットOSでの動作について

Windows 8.1(64ビット)、Windows 8(64ビット)、Windows 7(64ビット)ではWOW64の環境で動作します。





Top